〜小さく暮らす〜 我が家のCOOL CHOICE

先日FMくしろさんにラジオ収録でお邪魔した際に、こちらの取り組みをご紹介頂きました。

環境省が主導している COOL CHOICE(クールチョイス)という環境保護に個人でも取り組んでいこうというアクション。

釧路も寒いとはいえ昔に比べるとそんなに寒くない?!とじわじわ感じるし。
世界中どこを見ても台風洪水、異常気象が年々エスカレートしてきている。
地球温暖化がますます深刻化しているのを実感します。

FMくしろの平迫さんとこのCOOL CHOICEの話題で、我が家での取り組みを聞かれて改めて考えてみました。
取り組むというほど頑張ってはいないのですが我が家で心掛けていることをご紹介します。
我が家ではずっと前からやっていることばかりですが、改めて書き出してみるともっと出来ることはあるなとやる気が出てきました。
誰かの環境に優しい暮らしへのヒントになれば嬉しいです。

GOOD家のコンセプトは(小さく暮らす)です。

これは地球環境のためだけでなく自分たちの為にもこの(小さな暮らし)がしっくりくるから自然とこのコンセプトになりました。
暮らしを見つめなおし、自分たち家族にとって何が一番大切なのか。
どんな人生を送りたいのか。そのためには暮らし方をどうすればいいのか。
考えて考えて考えて、今に至ります。

私たち一家の(小さな暮らし)づくりの始めの一歩は釧路への移住でした。
それまでの生活もコミュニティも仕事も全て手放して、裸一貫の再スタート。
始めの一歩にしては大きすぎる一歩。
それでも私たち家族には必要な一歩でした。

こんなきっかけから始まった我が家の(小さく暮らす)プロジェクト、試行錯誤しながら自分たちにとって無理なく続けられることが残っていきました。

☆車は一家に一台。徒歩や自転車、バスも利用しながらなんとかやりくりできています。
☆布ナプキンを使おう!かれこれ6年目?!使い捨ての石油製品ナプキンとはおさらば。
(子供たちが赤ちゃんの時は基本布おむつでした。保育園も布おむつの所で紙パンツはお出かけするときのみ使用。)
☆食べ物は地産地消。輸送にまつわるCO2やコストや手間をカット。
☆必要な道具やモノは自然素材の物を(土に還るものを)出来るだけ選ぶ。
☆照明はLED(これはお手軽でもはやスタンダードですね)
☆トイレロールは芯なしを使う
☆家で使う洗剤をセスキやクエン酸、酸素系漂白剤など環境に負荷の少ないものに、これらを用途別に使い分けています。
合成洗剤とはさようなら。
☆キャンドルナイト
☆寒い時は湯たんぽ
☆プラ製品を出来るだけ買わない、持たない。すでに持っていて使用しているものは大事に使う。
☆キャンプの時も紙皿割りばしなど使い捨てのものはゼロ!
☆クリスマスや記念日のギフトも手作りや、ラッピングも再利用で工夫したり。物でなく体験をプレゼントすることも。
☆ヨガで代謝の良い体づくり、夏は汗をかいて熱を逃がし、冬は芯から温まり冷えにくい、体そのものをクールビズ&ウォームビズ対応に
(これは温暖化抑制のためだけでなく暖房費節約にも一役買いますよ!プラス体温アップで免疫力も高まり感染症の予防にも効果的!!)

並べてみると、これといって特別な努力が必要なものは無いですね。
一人の取り組みとしての効果は小さくても、その取り組みをみんなが始めればその効果はちりも積もって大きな効果となると信じています。

子供たちとも地球環境に関する話をよくしています。
日ごろから自分たちはこの大宇宙、母なる地球、大自然によって生かされているのだということを理解できるように。
私たち親が子供たちに伝えるべき一番のことは、人間はこの大宇宙、大自然の一部であるということ。
いかにそれらと調和しながらバランスをとって共存していけるかを考えられる、そして行動できる人に育っていってほしいなと思います。

おすすめ