母の日の贈り物が。。。

母の日に子供達からプレゼントされたカーネションの鉢植え

咲いていた花が全て咲き終わった段階で、来年も咲かせてねという願いを込めて一回り大きな鉢に植え替えをして切り戻しを済ませておきました。
その後も水切れをおこさないように目をかけていましたが、ある日なんとまた蕾が膨らんでいるのです。
カーネーションは年に何度も花を咲かせるんですね!
品種改良のためか年間を通して花を咲かせる種類もあるようです。

最近は梅雨で太陽が出ない日も続いているのにけなげにも段々蕾が開いてきています。
思いがけず母の日のプレゼントアゲインです!

春から少しづつ、家の中も外もお花やグリーンを集めていますが彼らの性格も少しづつ分かってきて水やりや植え替えなどお世話のタイミングも感で何となく分かるようになってきました。

イギリスでは植物の育て方が天才的にできる人を『グリーンフィンガーを持っている』というそうです。
普通の人と同じように育てていてもグリーンフィンガーを持っている人が手をかけた植物はより生命力が豊かでより美しくたくましく育つのだそうです。

私は過去に何度も植物を枯らしてきたので、グリーンフィンガーは持ってはいませんが経験を少しづつ積んでようやくコツが何となく分かるようになってきたかも!というところです。

植物にも愛情をもって接すると、必ず愛を返してくれるんですよね。
毎日雨や曇り空で太陽が出ないと植物は元気がなくなると思いきや意外と普通にしてたり。
人間のほうが梅雨のジメジメに心身共に参っていたりするんですよね。

そう!先月は私たち夫婦のアニバーサリーだったので、記念として檸檬の木ともみの木に似たコニファーを我が家に迎えました。
檸檬の木はずっと興味があったけれど寒い地方では中々育てるのが難しいからと諦めてたらなんとホームセンターで発見。
地元で売ってるくらいなら育つだろうと鉢植えで家の中で育てています。
果たして実をつけてくれるのだろうか!?

コニファーはクリスマスにはツリーとして活躍してもらう予定。
あと半年でどれくらい大きくなるのかな?
子供の成長も楽しみですが、植物の成長もこれまた楽しみなものです。

花や緑のある暮らしって心を柔らかくしてくれますね。

おすすめ