お手伝い大作戦

最近息子たちがお手伝いに励んでいます。
といってもアルバイトですが!

先月、子供たちに大人気のマイクラでスイッチのソフト版が発売になりました。
これまでも何度か長男からスイッチが欲しいとせがまれていたけれど、それを機に一気に欲しくなった様子。
今までも何度か欲しいといわれていたけれど、ダウンロードはしたくないからなど何かと理由をつけて跳ね返していました。
スイッチは必要なものではなく欲しいものだから。
欲しいものも我慢しすぎは良くないけれど、だとしてもそれは高すぎる。(我が家には)

でも今回は長男も中々ひかずに粘る。

長男『じゃあ誕生日には?』  

私『うーん。難しいね。』

長男『クリスマスと誕生日合わせたら?』

私『それでもやっぱり厳しいね。欲しいんだったら自分でお金を作ったら?お小遣い貯金して、家の事を手伝ってアルバイトすればいいんじゃない。』

というやり取りがあり、お手伝い大作戦始動!

長男は目的を決めてから実行するまでがとにかく早い!!実行力のある男です。

まず着手したのはお手伝いリスト&料金表

掃除にマッサージにご飯作りまで幅広く網羅してますね。
ポイントカードにサービスデー、クーポンまである!
ご飯もメニューごとに値段が違うし、カフェの名前まで考えてる。
この後、食券も作ってました。

そして次に入金と支出を把握するためのお小遣い帳と貯金箱。

貯金箱には(スイッチ代)と!意思の強さを感じます。
お小遣い帳にも細かく手伝った内容と入金の履歴を記入していきます。

ちょっとしたビジネスですね。
これからの厳しい時代を生きる知恵を実体験で学ぶ良い機会と思い、私もここぞとばかりビジネスをするにはの基本のあれこれを伝授します。
料金には材料費や手間賃の経費+儲け分を上乗せして設定しないと成り立たないよとか。
高すぎても安すぎてもお客さんは来なくて、仕事に対する価値と価格がマッチしてないとだめだよとか。
入金と支出の差額が貯金分になるんだよとか。
私もビジネスのプロではないので難しいことは教えられないけど、知っている限りの知恵を授けます。

先週末は連日長男が夕飯を作ってくれました!
多分ご飯づくりが一番リターンが大きいからです。

お好み焼きに、インドカレーにナン、食器洗いにお風呂掃除に床の雑巾がけ。
私が台所に立つたびに『やってもいい?』と仕事を取りに来ます!

良い調子!たとえそれがアルバイトでお金をもらうのが目的だとしても積極的に仕事ができるのであれば素晴らしいと思うのです。

【目的のためにモチベーションを維持して頑張れること】

これから何か自分がやりたいことを見つけたり手に入れたい事や物が出てきたときに、自分でつかみ取ろうと努力できることが結果に繋がります。大人になって仕事をするにあたってもこれは大事なことだと思うのです。

作戦開始早々色々行動に移した途中経過はというと、、、
週末に沢山働いてみたけれど、貯金はいかほど増えたかな?と数えてみてもスイッチにはまだまだ道のりが長い。
だって高級品ですから!!
そこで思いついたのが弟を巻き込むこと。
弟も毎月お小遣いも貰っているけれど、それを長男のようにコロコロ(漫画)に使うような事も無いのでそのまま貯金されているのです。
弟にスイッチゲット大作戦の話を持ち掛け、弟をその気にさせて弟の貯金分もスイッチ資金に取り込んだのです。
うまい話を持ち掛けて融資を引き出すという考えを思いついた。

銀行に行ってプレゼンするかのように。
新しくビジネスを始めるんで、先行きこんな風になって成功しますよ、だから融資してくださいみたいな。
ビジネスのビの字も知らない子供でも考えると色んな展開を繰り広げられるんですね。
ウェールズのおばあちゃんひいおばあちゃんにもこのスイッチ大作戦の話をして、誕生日プレゼントはお金にするねと祖父母からの援助も引き出した。
来月ウェールズの両親&ひいおばあちゃんが丁度長男の誕生日に合わせて来てくれることになったのです!
孫がゲーム欲しさにお手伝い(アルバイト)に励む姿はイギリス人にとってはとても新鮮で立派な行動に移ったのかもしれません。
そうなると私たち親もプレゼントはスイッチ資金になる。
この調子でいけば誕生日には念願のスイッチが手に入るかも?!
目的が出来たら即行動に移し、その目的を達成するためのアイデアや実行していることを周りに話すこと。
それが結果への最短ルートだということを子供に改めて教わりました。

一つ困ったことは、頼みたいこともないのに『何かやることない?』とお手伝いの押し売りがあるので日ごろから家事をサボって手伝ってもらうことを残しておかないと。。

残る疑問は。。。このお手伝いスイッチが手に入ったら無くなるのかな?

ちなみに次男は何を手伝っているかというと、バジルのアブラムシ駆除。
綿棒で丁寧に取り除いてます。50匹取り除いて50円だそうです。
それと(ひかくん)と(じゃんくん)と名付けた次男のサボテンのお世話。
水やりのタイミングを見極めるのが難しいのだとか。

兄弟それぞれに違った個性があります。
それでも目的を同じに協力できるのは兄弟ならではの経験だなと思います。

おすすめ