子育て=教育=インスパイア

子育ては子供にインスピレーションを与える事。

毎日がワクワクして輝くように。

これからの未来も発見と希望に満ちていると信じられるように。

毎日が冒険だと思えるように。

教育も子供たちをインスパイアすること。

ただ、教科書の内容を叩き込むんじゃなく
教科書に書かれていない事へも興味が広がるように。

テストで高得点をとるためだけの勉強が未来永劫役に立つ時代なんてとっくの昔に破綻している。

とりあえず大学まで行っとけば、やりたい仕事で世界を広げられるなんて夢物語。

教育改革だと声高く言ってるけど、果たして今の日本の社会と国民性でどこまで変化に対応できるんだ?

結局、システムを変えても人間の脳の思考パターンは変えられず改革と昔のままが同居する状態になるんじゃないの?と冷めて見ている。

人を見ずに数字(成績)を見て判断される。

そんな時代がまだまだ続くの?

 

子育ては、子供を100%信頼すること。

100%子供のアイデンティティを受け入れてあげること。

息子たちは私のように不完全な親であっても無償の愛でいつでもどんな時でも完全に受け入れてくれている。

100%子供を信頼して受け入れる

私が一番学ばなければならないこと。

子供が成長するにつれて社会の枠組みに収まりきらずに外れていこうとする子についつい枠組みを押し付けてしまいがちになる。

子供が拡げていく世界は誰にも邪魔されてはいけない聖域です。

いつでも子を信頼して応援できる親でありたい。

 

教育は、子供の人生を冒険に満ちたものにするために沢山のインスピレーションを与えられるものであってほしい。

学校という世界だけでの学びはつまらない。
どう引き延ばしてもいずれ学校は卒業するから。

その後の人生をどう繰り広げていけるか、自分で切り拓いていけるかの発想力とスキルを育む事が大切なのではないかなと思う。

誰かが敷いた道筋を頼りにするんじゃなく、自分で道を作っていく。

そんな風に育ったら固定概念や枠組みが通用しないグローバル&ボーダレスな社会になっても、これがダメならこういうのはどうだろうと柔軟に適応しながらサバイバルしていけるんじゃないかな。

日本もこれからは色んな国の人々が共に暮らす多民族国家になっていく事を思うと、子供だけでなく私たち大人にも柔らかな思考と心を育む必要がありますね。

おすすめ