体の見かた 捉え方

すっかり間が空いてしまいました!

9月は本当に目まぐるしく忙しく旅行にウェールズから来た両親と叔父さんのおもてなしに楽しく過ごしておりました。

断食チャレンジの一か月を終えた直後から始まった旅行や家族を迎えての生活ですっかり日々のメンテナンスや食事やトレーニングのリズムが乱れておりました。

そんな中でも内臓お疲れ体に逆戻りは避けたかったので、週一の断食はタイミングの良い日を見つけて継続していました。あとは旅行中は本当によく歩いたので(一日20000歩から35000歩強は歩いてたかな!)毎日のヨガ練と筋トレを休んでいたけれど思ったほどダメージは少なかったように思います。

その時その時の予定や環境に合わせて出来ることを見つけて健康習慣を継続していくことはやっぱり大事です!

忙しい、環境が整っていないは言い訳にしかならないですもんね。

何より自分の体の事だから、これまでの努力をマイナスにしたくないし心にも怠け癖をつけたくないですもんね。

忙しく過ごしている間に季節はすっかり移り変わり、空気の匂いや風の冷たさがめっきり秋っぽくなり、練習していても気持ちよい季節になりましたね。食事も練習も徐々にいつものルーティンに戻していってます。

さて!

今日は40代からの体の捉え方について考えてみたいと思います。

質問です!自分の体を見るときにあなたはどんな風に見ていますか?

体重計やメジャーでBWHを測って数字で見ますか?

それともバランスで見ますか?

数字で見るほうがもしかすると脳では理解しやすいかもしれません。

自分なりの基準値がありそれに近ければ安心しやすいでしょう。

でも。

数字上ではOKでも見た目はどうでしょう?

女性らしいカーブのある体になっている?

肌に張りはある??

肉質はどんな感じ?ぷよ~っとしてないかな???

では!バランスで見る場合はどうでしょう。

たとえ大柄でも小柄でもバストに張りがあり、ウエストはしゅっと引き締まり、トップ高めのまあるいカーブをしたヒップで張りのある肌質であればとってもスタイル良く見えると思いませんか?

バランスで見るとしたら、数字は全く役に立ちません。

私は毎年健康診断をしていて、自宅に体重計が無いので一年に一度体の計測は健康診断の時のみです。一年間の日々の継続がどんなふうに体のバランスと血液の中身に反映されているのか楽しみにしているのですが。

今年は胴囲が去年よりも3cmアップしていたんです!

(胴囲ってウエストよりも更に下の丁度下腹ポッコリのあたりで測るんですよね)

えっ!お腹それほどポッコリしてないしなんでだろう??と一瞬戸惑いましたが

その3cm増えた分はヒップトップが上がり更にそこにしっかりと筋肉が育った結果だと分かりました。

昨年から本格的に体の構造を見直し筋肉育てに勤しんできて、見た目にもお尻の形が変わったと気づいてましたがサイズでもちゃんと大きくなっていたんだ!と嬉しくなりました。

1年に一回測るからこそ大きな成果として感じられるけど頻繁に測っていたら、多分さほど感動はしないだろうなと思います。

このことからも、体を見るとき捉えるとき誰かが決めた基準値を元に数字で見るのではなく全体的なバランスを重視すると体作りへの取り組みがもっと楽しくなりますよ。

サイズはたま~に測って、ちゃんと育ってる(筋肉が)もしくはちゃんと無くなってる(皮下脂肪が)と目安にする程度で充分なんです。

例えばウエストサイズが同じ65cmだとして、柔らかそ~なぷよった65cmと硬さを感じる引き締まった65cmどちらが良いですか?

ヒップサイズが90cmならダルダル下がった90cmとプリっと上がった90cmどちらがかっこいいかな?

サイズではもはやとらえきれません!

体を見るときは全体のバランスを視覚で把握することが大切です。

どこの筋肉を育て、どこの皮下脂肪を削ればいいのか。

デザインするように自分の体をかっこよく変えていきましょう!

今月から始まった筋トレヨガでは部位ごとにしっかり筋肉を刺激していきます。

筋肉、筋力と体幹力をしっかり育て燃焼系ボディに変えていきます。

なりたいボディバランスにデザインしていきましょう!

筋トレヨガは毎週水曜朝9時から富士見会館で開催しています。

体験レッスンも受け付けておりますよ!まずは一度体験してみてください☆

自分のからだの【現状】を把握してどう変わりたいかじっくり考えてみませんか?今年も残り3か月、かっこいい体で新年を迎えたいですね!

おすすめ