寝るだけで体リセット!健康な体を手に入れる

子供は夜に沢山食べてお腹ポッコリでも朝にはペタンコになる

胃と腸が健全であるために消化吸収がスムーズに行われるから寝ている間にリセットされて元通りになる。

朝起きてお通じもスムーズにお腹もすっきり真っ平

大人は胃と腸が常にぱんぱん、食べすぎで消化しようと働いても働いても次から次へと食べ物が入ってくる。内臓に対してブラック企業状態。

そうして脂肪だけがむくむくと増えていく、消化しきれず必要な栄養すら吸収できず、どこにも行き場のない食べ物の行きつく先が脂肪貯蔵庫

一度濁って正常に機能しなくなった体をリセットすることが減量敷いてはパフォーマンスの良い健康最適な体になる秘訣。

でもいったんドロドロの濁った体になってしまったらどれだけ沢山寝て休息をとっても体はリセットされないんです。

胃や腸に消化吸収しきれなかった食べ物がこびりついて、腐敗して。。。。。気分が悪くなりますね。

腸の働きが悪くなると吸収しないどころか正常に排泄すらできない状態。

腐ったものを自分の体に溜め込んでるなんて想像すらしたくないですよね。

そこをいったんゼロに戻すには断食が効果てきめん

食べないから → 内臓は無駄に消化吸収活動しなくてよい

消化吸収活動をしない分 → 修復修正が必要な臓器にエネルギーを注げる

食べないから → 胃の中もすっきり空っぽにサイズも適正に修正されます

吸収しなくていいから → 大腸は今ある残留物を排泄する力を出せる

スッキリ綺麗になった胃と腸は正常な働きを取り戻し、寝ているだけでリセット出来る体へと生まれ変わることが出来るのです。

東洋医学では食べて治すか食べずに治すかの2択だそうです。

医食同源

食べてしっかり栄養を補う、食べすぎだったら食べずに体の回復を待つ

とってもシンプルで理にかなった発想です。

何事も少ないことは可能性を広げると感じます

食事の回数を減らす 量を減らす

断食をすると、それだけで現代人の体は喜び不調を解消してくれるんだなとつくづく感じます

Less is more

減らすことで新たに得ること

健康な体

病気を避ける

動ける体

冴えわたる思考

認知能力も高まり記憶力、集中力が増す

睡眠の質も向上

仕事・情報・人間関係・物・事 

現代人はなんでもかんでも増やしすぎ溜め込みすぎな気がするのは私だけかな?

食べる事だけに限っても

食事回数、食事量を減らすだけで健康管理もミニマルにシンプルになります。

忙しい現代を生きる私たちだからこそ、働くも食べるも遊ぶも量より質で豊かに暮らしたいな。

あっ!寝るは質も量も大事です。大人は毎日7~8時間は睡眠時間を取りたいですね。うちは子供たちにはいまだに8時にベッドに入るようにして最低でも9時前には寝るようにさせています。本当は10時間くらい寝させたいけど。

寝る子は育つ。

寝る大人は健康。

です!

おすすめ