ヨガ練を軸に一日のリズムを作る

日々のリズムを整える

皆さんは毎朝や日々のルーティンはありますか?

忙しい日常をスムーズに気分よく過ごすためにも一日の中に軸を作ると大小様々な選択も迷わず時間を無駄にせず過ごせます。

仕事をしている人は仕事以外の完全に自分でコントロールできる時間の中に何か一つ軸を作ると日々の流れを心地よく過ごせますよ。

私の場合の一日の軸は  ヨガ練習

  • 朝一クラスが無い日はアシュタンガヨガのフルプライマリーと筋トレ
  • 午前にクラスがある日はハーフプライマリー
  • 朝一クラスがある日はヨガ練をせず筋トレだけで終わる日もあるし、ランチを食べなければハーフを練習する日もあります

ヨガ練は出来るだけ朝行いたい。なぜかというと食べ物を胃に入れる前に練習したいから。

ヨガの練習前は空腹がベスト

前日の夕食を軽めに取り、朝には胃が空っぽの状態で練習すると心地よいのです。

そうなるとこのヨガ練を軸に一日の流れを組むことになります。

  • 前日の夕飯は何時に何を食べるのか
  • 朝は何時に起きるのか
  • 練習後の食事は何時に何を食べるのか
  • 何時までにデスクワークを終わらせてお母さんモードに入るのか
  • 何時に寝るのか

体のパフォーマンスを良好に保つことを最優先に、全ては一日の軸であるヨガの練習をどれだけ質の良いものにできるかで、食事、寝る時間/起きる時間、家事、家での仕事時間、子供の事などなど決めています。

とは言っても無理をしてがんじがらめに決まり事を作っているわけではありません。全ては繋がっていて一つが上手くいくと他の事も芋づる式に上手くいくので軸(ヨガ練)を整えると結果として万事良好 一日が上手く回っていくのです。

それが私にとっても家族にとってもハッピーであることは言うまでもなし。

お母さんがハッピーだと子供もお父さんも幸せですよね♡

ヨガ練を中心にやりたい事、やるべき事を一日の中に配置するとそこにリズムが生まれて物事に追われることなく、疲れることなく過ごすことが出来ます。

早いもので2019年も最終月。

行事も沢山、やる事もたくさん毎日が猛スピードで過ぎていく感はありますが。

そんな中でも一日の中に自分をリセット出来る時間(軸)を設けて心身ともに健康で新たな一年を迎えられるといいですね。

そういえば!

この分厚っつい本(8cmはある?!)ようやく読み終えました。

私の愛してやまないアシュタンガヨガをこの世に伝えてくれたグルジの本。

彼に直接師事した生徒達から聞き出したグルジのエピソード満載の本なのですが。一文一文がまさにダイヤモンドの輝きで、読み進むごとに心が十分に満たされていきました。

この本を読んだ後の練習はいつも以上に体への感覚が繊細になり呼吸への意識もものすごく変わるのです。インスピレーションをバシバシ貰ってます。

長年アシュタンガヨガを練習していても、まだまだ興味と探求心は尽きることなく。もっと知りたい感じたい進化したい。。。。。。と欲望が頭を出してきますが。ヨガの八支則の中のアパリグラハ(不貪)サントーシャ(知足)を思い出し、今ある環境、自分の状態に満足しながら練習も日々の日常も淡々と穏やかに過ごしていきたいです。

おすすめ