スティーブンキング おすすめ 映画

『黙秘』(もくひ、原題:Dolores Claiborne)は、1995年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。原作はスティーヴン・キングの小説『ドロレス・クレイボーン』。監督はテイラー・ハックフォード、出演は キャシー・ベイツとジェニフ... Nintendo Switchゲームソフトおすすめ人気ランキング!全14ジャンル別・2020年版, より良いランキングを作るためには多くの方の投票・意見が必要です。ぜひあなたの考えを教えてください!, ウィル・ウィートン(ゴーディ・ラチャンス)、リヴァー・フェニックス(クリス・チェンバーズ)、コリー・フェルドマン(テディ・デュチャンプ)、ジェリー・オコンネル(ヴァーン・テシオ)、キーファー・サザーランド(エース・メリル)ほか, ジャック・ニコルソン(ジャック・トランス)、シェリー・デュヴァル(ウェンディ・トランス)、ダニー・ロイド(ダニー・トランス)、スキャットマン・クローザース(ディック・ハロラン)、バリー・ネルソン(スチュアート・アルマン)ほか, ティム・ロビンス(アンディ)、モーガン・フリーマン(レッド/エリス・ボイド)、ウィリアム・サドラー(ヘイウッド)、ボブ・ガントン(ウォーデン・サミュエル・ノートン)、ジェームズ・ホイットモア(ブルックス・ヘイトレン)ほか, ジェームズ・カーン(ポール・シェルダン)、キャシー・ベイツ(アニー・ウィルクス)、リチャード・ファーンズワース(バスター保安官)、フランシス・スターンハーゲン(ヴァージニア)、ローレン・バコール(マーシャ・シンデル)ほか, トム・ハンクス(ポール・エッジコム)、デヴィッド・モース(ブルータス・”ブルータル”・ハウエル)、ボニー・ハント(ジャン・エッジコム)、マイケル・クラーク・ダンカン(ジョン・コーフィ)、ジェームズ・クロムウェル(ハル・ムアーズ)ほか, ティム・カリー(ペニーワイズ)、リチャード・トーマス(ビル・デンブロウ)、ジョン・リッター(ベン・ハンスコム)、アネット・オトゥール(べバリー・マーシュ)、リチャード・メイサー(スタンリー・ユリス)ほか, シシー・スペイセク(キャリー・ホワイト)、パイパー・ローリー(マーガレット・ホワイト)、エイミー・アーヴィング(スー・スネル)、ウィリアム・カット(トミー・ロス)、ナンシー・アレン(クリス・ハーゲンセン)ほか, トーマス・ジェーン(デヴィッド・ドレイトン)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(ミセス・カーモディ)、ローリー・ホールデン(アマンダ・ダンフリー)、アンドレ・ブラウアー(ブレント・ノートン)、トビー・ジョーンズ(オリー・ウィークス)ほか, ジョン・キューザック(マイク・エンズリン)、サミュエル・L・ジャクソン(ジェラルド・オリン支配人)、メアリー・マコーミック(リリー・エンズリン)、ジャスミン・ジェシカ・アンソニー(ケイティ・エンズリン)、トニー・シャルーブ(サム・ファレル)ほか, デイル・ミッドキフ(ルイス)、フレッド・グウィン(ジャド)、デニーズ・クロスビー(レイチェル)、ブレーズ・バーダール(エリー)、ミコ・ヒューズ(ゲイジ)ほか, クロエ・グレース・モレッツ(キャリー・ホワイト)、ジュリアン・ムーア(マーガレット・ホワイト)、ジュディ・グリア(デスジャーディン)、ポーシャ・ダブルデイ(クリス)、アレックス・ラッセル(ビリー)ほか, ジェイデン・リーベラー(ビル・デンブロウ)、ビル・スカルスガルド(ペニーワイズ)、ジェレミー・レイ・テイラー(ベン・ハンスコム)、フィン・ウルフハード(リッチー・トージア)、ソフィア・リリス(べバリー・マーシュ)ほか. (2ページ目)著者「スティーヴン・キング」のおすすめランキングです。スティーヴン・キングのおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1947年メイン州生まれ… Netflixでスティーブン・キングの小説を映画化したホラー映画が、配信となったんですよ~。こりゃホラーマニアとしては絶対見逃せない作品ッスよね!という訳で早速観てみました! という訳で、本日ご … 映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』あらすじ・ネタバレ・結末・感想を解説していきます。公式サイトにて作品情報・キャストなどをご確認ください。YouTubeで予告映像も!ホラーの巨匠スティーブン・キングの名作小説「IT-イット-」をアンディ・ムスキエティが映画化。 スティーヴン・キング原作の映画『ダーク・タワー』の公開に先駆け、『スタンド・バイ・ミー』『グリーン・マイル』『ショーシャンクの空に』など、スティーヴン・キングの小説をベースにした名作映画17選をご紹介します。 スティーヴン・キングのおすすめ小説4 ニードフル・シングス メイン州にある田舎町キャッスルロックに謎めいた骨董店が開店する。 店主であるリーランドは客が望む最高の品を用意し、代金を値引きするための条件として奇妙な頼みごとをする。 現在は、サスペンスやアクション、ホラー映画を中心に、1日に1~6本の映画を見る日々です。気に入った映画は繰り返し見るタイプ。 スティーブン・キング原作映画おすすめランキングtop38; 38位 狂犬病の恐怖!「クジョー」 37位 携帯電話を媒体にゾンビ化?!「セル」 36位 恐怖の人間圧搾機!「マングラー」 35位 謎の猟奇殺人事件「ダーク・ハーフ」 34位 猫が活躍「スリープウォーカーズ」 この作品は『ショーシャンクの空に』というタイトルで映画化されたのでご存知の方も多いでしょう。この作品は’88年に新潮文庫より出版されたのですが訳者の朝倉久志氏によればその前の年(’87年)キングの作品が多数邦訳されたことに触れていて「1人の作家の作品がこれだけ集中的に邦訳されたの … スティーブンキングの小説原作の映画はホラーからサスペンスまで名作揃いですが、そのなかでもひときわ印象に残っているのが『it』。幼少期になにげなく観たことを期に、どんだけポップでフレンドリーなピエロをみても「こいつ、絶対人殺すわ。 ①コミック『闇夜の旅人』の大型契約が決まったクレイはボストンで妻子に連絡を取るが、途中で携帯の充電が切れた。その直後、携帯を使っていた人たちが一斉に凶暴化する。逃げたクレイはトムやアリスと合流し、妻子のいるニューハンプシャーを目指す。②青年・ジョーダンが加わり、アリスが死ぬ。彼らは「人間携帯電話」になったことが判明。クレイは息子を奪回しにトムらと別れてカシュワクに向かうが、仲間になった。 スティーブン・キングの短編小説「地下室の悪夢」を映画化した。脚本はジョン・エスポシート。. Rotten Tomato:92% ※写真はリメイク版『キャリー』の方。 スティーヴン・キング原作で最も面白いのはブライアン・デ・パルマが監督したリメイク前の『キャリー』ということになりました。面白いもんね。 このキャリー役の人が言っちゃ悪いんだけど本当に不細工なんですよね。そんなキャリーがプロムで幸せそうにしてて可愛らしく見えてきた一番幸せなタイミングで豚の血を浴びせられるんだけどあそこで笑える学校の … 【ホンシェルジュ】 スティーヴン・キングと聞いて多くの人が思い浮かべるのは、やはりホラー小説ではないでしょうか。映画化で有名になったものも、もちろん多いのですが、ホラーの斬新さから多くのファンを魅了しています。 | 上西幸江 出版社勤務 11人組グローバルボーイズグループ・jo1の大平祥生、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が都内で行われたアニメ映画『映画 えんとつ町のプペル』の公開初日舞台あいさつに参加した。 スティーヴン・キングの『IT イット』『スタンド・バイ・ミー』『トミーノッカーズ』といった作品... 1990年公開の初代「IT」見て育った勢です。劇中の "ペニーワイズは27年周期で登場する" という設定にあわせて、27年後の2017年に公開された今作。登場キャラがめちゃくちゃ可愛くなっとる。顔面レベルが高すぎる。ペニーワイズが登場するシーンを除けば、スタンド・バイ・ミー並の最高な青春ドラマ映画でした。個人的にはこちらのほうが好き!!, 『シークレット ウインドウ』(原題:Secret Window)は、2004年に公開されたアメリカ合衆国の映画。スティーヴン・キングの中篇小説『秘密の窓、秘密の庭』(『Four Past Midnight』に所収)を原作としている。, 『スティーヴン・キング/地下室の悪夢』は、1991年6月22日に公開されたアメリカのホラー映画。 スティーヴン・キング原作の映画やドラマは、ホラーからヒューマンドラマまで様々!映画界にも数え切れないほどの名作を贈りだしてきました。そこでキング原作映画&ドラマで絶対に観ておきたい5作品をピックアップしました! スティーブン・キングの作品は約3分の1が映像化されている。映画興行収入は『it(イット) “それ”が見えたら、終わり。』が7億170万ドルで1位だ。『it/イット the end “それ”が見えたら、終わり。』(4億7300万ドル)と『グ そんな私のおすすめしたい映画を紹介します。, DVD > 外国のパニック映画カルチュア・パブリッシャーズディー・ウォーレス・ストーン(出演),ルイス・ティーグ(監督),ディー・ウォーレス・ストーン(Unknown), 1983年に公開されたルイス・ティーグ監督による映画が「クジョー」です。原作はスティーヴン・キングの「クージョ」。ディー・ウォレスやダニー・ピンタウロが出演しています。, 自動車修理工のジョーが飼っているセント・バーナード犬のクジョーは、こうもりに噛まれたことにより狂犬病を発症。飼い主であるジョーを噛み殺し、修理工場を訪れたドナとタッドにも襲い掛かりります。車の中に避難した2人ですが、クジョーは離れません。夜が明け、ドナの夫であるヴィックは警察に捜査を依頼するのですが…。, 「こんなに怖い病気なのか」と思ったのが忘れられません。日本では予防接種が徹底しているため、現在「狂犬病の犬」を見かけることは、まずないでしょう。犬は身近な存在だけに、とても怖く感じます。小説版と違う結末ではありますが、そこも悪くありません。犬好きさんには少しキツい映画かもしれませんのでご注意を。, DVD > 外国のアクション映画松竹ジョン・キューザック(出演),サミュエル・L・ジャクソン(出演),イザベル・ファーマン(出演),トッド・ウィリアムズ(監督), 「セル」は2016年に公開された、トッド・ウィリアムズ監督による映画です。スティーヴン・キングは脚本も担当。出演はジョン・キューザック、スティーヴン・ヘイズ、イザベル・ファーマンなど。, ボストンの空港から、別居中の妻と息子に電話をかけていたコミック作家のクレイ。しかし携帯電話は途中でバッテリー切れ。すると周囲では携帯電話で話していた人々が次々に凶暴化し、空港は惨劇の舞台に。どうにか地下鉄に逃げ込んだクレイは、車掌のトムやアリスと共にボストンを抜け出しニューハンプシャーに向かうのですが…。, アリスを演じているのは、あの「エスター」のイザベル・ファーマンです。存在だけでなぜか怖い気がするのは筆者だけでしょうか。人間がゾンビ化する媒体が「携帯電話」というのも時代を感じますね。怖くて面白いSFホラーです。, Prime Video > 映画ロバート・イングランド(出演),テッド・レヴィン(出演),トビー・フーパー(監督),トビー・フーパー(Writer),スティーブン・ブルックス(Writer…, 短編小説「人間圧搾機」を映画化したのが1995年の「マングラー」です。監督は「悪魔のいけにえ」などのトビー・フーパー。ロバート・イングランドやテッド・レヴィンなどが出演しています。, ブルー・リボン洗濯工場。シェリーという少女が怪我をしたときの血により悪魔が宿った洗濯用プレス機のマングラー。血の味を覚えてしまったマングラーは次々に人間を殺していきます。捜査に来たハントン刑事と友人のマークはマングラーを止めようとするのですが…。, 無機質であるはずの機械が人間を殺していく…あとから紹介する「クリスティーン」も、これに近いものがありますね。感情がうかがい知れないからこその怖さを感じる物語です!, 「ダーク・ハーフ」の監督はジョージ・A・ロメロ。1991年製作、1993年公開の映画です。出演はティモシー・ハットン、エイミー・マディガンなど。, 1968年。小説を書いていた少年が激しい頭痛に見舞われ、頭部の手術が行われます。そこで医師たちはある事実を目にすることに。やがて月日は経ち、その少年は純文学作家のサッド・ボーモンとなります。純文学は売れず、生活のために「ジョージ・スターク」名義でバイオレンス小説を発表すると、そちらでは売れっ子に。やがて、脅迫を受けたことからスタークのペンネームを葬ったボーモントですが、周囲では猟奇的な連続殺人が発生し…。, ラストは少しグロテスクな要素はあるものの、それほど怖すぎないので見やすい映画です。ティモシー・ハットンの2役が見事!, Prime Video > 映画ブライアン(出演),メッチェン・エイミック(出演),シンディ・ピケット(出演),ロン・パールマン(出演),Mick Garris(監督),Michael G…, ミック・ギャリス監督、スティーヴン・キング脚本による1992年のホラー映画が「スリープウォーカーズ」です。出演はブライアン・クラウズ、メッチェン・アミックなど。, 田舎町に母親と引っ越してきた高校生のチャールズ。彼らの住む家の周囲には、なぜか無数の野良猫が。実はチャールズと母親のメアリーは、処女の生気を吸って生きるヴァンパイア「スリープウォーカーズ」で…。, スリープウォーカーズの天敵は「猫」。そのため猫が大活躍する映画なのですが、あらかじめ注意しておくと、冒頭に猫の死体が大量に出てきます。猫好きさんは要注意です。, DVD > 外国のホラー映画NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンゲイリー・ビューシイ(出演),エヴェレット・マッギル(出演),コリー・ハイム(出演),ミーガン・フォロ…, 狼男を題材とした小説「人狼の四季」を原作にしたのが、ダニエル・アティアス監督による1985年の映画「死霊の牙」です。日本では劇場未公開ですが地上波では「シルバー・ブリット/死霊の牙」として放送されたことも。出演はコリー・ハイム、ゲイリー・ビジーなど。, 満月の夜に、残虐な殺人事件が連続して発生。車椅子で暮らす少年マーティは、偶然その現場を目撃しますが、なんと犯人は狼男。しかし、当然それを信じる者はいません。そこでマーティーは叔父から贈られた「改造車椅子銀の弾丸号」に乗り狼男を追うのですが…。, 少年が狼男を追う、というB級ホラーです。低予算映画ながら、見ごたえのある内容。改造車椅子に乗り狼男を追う、という設定も好きです。青春ホラーでもある本作、家族で見るのもおすすめの1本。. ほとんどの著作が映画化、ドラマ化される巨匠スティーヴン・キング。映画原作のキングです。 そんな「キング・オブ・モダンホラー」の作品の中から長編(中篇)に限定したものを ランキング形式で紹介します。 ※別ペンネームであるリチャード・バックマン名義の作品も含みます。 著者「スティーヴン・キング」のおすすめランキングです。スティーヴン・キングのおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1947年メイン州生まれ。高校教師、ボ… ホーム » おすすめ映画 » 世界中で愛される作家、スティーブン・キング原作映画おすすめランキングTOP38, 子供のころから映画が大好きです。 スティーヴン・キング原作の映画『ダーク・タワー』の公開に先駆け、『スタンド・バイ・ミー』『グリーン・マイル』『ショーシャンクの空に』など、スティーヴン・キングの小説をベースにした名作映画17選をご紹介します。 スティーブン・キング原作映画ベスト20 (「英Total Film誌」発表) - おすすめのマイベスト映画とDVD [ 洋画 関連 ] 気になる企画 に関する作品。感想や批評などを交えて、主に洋画を紹介しているブログです。 スティーブン・キングの ゴールデン・イヤーズ Stephen King's Golden Years (1991年) ブロス/やつらはときどき帰ってくる Sometimes They Come Back (1991年) トミーノッカーズ The Tommyknockers (1993年) ザ・スタンド The Stand (1994年) ランゴリアーズ The Langoliers (1995年) 怖い。正気を失った主人公の少女「キャリー」は確かに怖いけど、それ以上にクロエ・グレース・モレッツがかわいい。外国映画にありがちな「プラム」に、キャリーが参加することにさえならなければなぁ...... 『ドリームキャッチャー』(Dream Catcher)は、2003年製作のアメリカ映画。スティーヴン・キングの同名小説の映画化作品。 スティーヴン・キングが原作のおすすめ映画10選 2016/07/28 2018/05/05 これまで数多く映画化されてきた、スティーヴン・キングの作品達には映画化に成功した作品も多くあります。 映画の原作を書いた人がその映画にカメオ出演するとファンは大いに喜びます。 今回は映画『it the end』にその原作者であるスティーブン・キングがカメオ出演していたようなので具体的にどの場面に出てきたのかを解説していきます。 スティーブンキングとは? ホラー?sf?オカルト?彼の不思議な作風 映画化されたおすすめ作品 ホラーの金字塔としても有名な映画作品を少しご紹介していきますね♪ // ホラー小説家、スティーブンキングとは? it(イット)で話題? みんなの投票で「スティーブン・キング原作の映画人気ランキング」を決定!超常現象や現代社会の闇などさまざまな''恐怖''を融合させたモダンホラーを得意とし、ホラー界のトップを走り続けてきた小説家スティーブン・キング。彼が手掛ける作品の多くは映画やテレビドラマ化され、世界中で人気を集めています。そんなスティーブン・キング原作映画のなかで、あなたがおすすめしたい作品を教えてください!, アメリカを代表する小説家のひとり、スティーブン・キング。1974年に『キャリー』を発表し、プロの作家としてデビューを果たします。従来のホラー・怪奇小説だけでなく、現代社会の闇や他者の不条理など日常に起こりゆる恐怖を織り交ぜた独自ジャンルを展開したことから、''モダンホラー''の第一人者といわれるほど。彼の手掛ける作品は世界各国で翻訳され、その多くが映画やテレビドラマ化されるなど、日本でも人気を博しています。, スティーブン・キングが描く長編作品のほとんどは映像化され、世界中で公開されています。ホラー作品のイメージが強い彼ですが、サスペンス要素の強いものや、人生をテーマにした作品、ロマンス作品など、ホラー以外のジャンルでも人気を獲得しています。, 1990年に映画化された、スティーブン・キングの人気ホラー小説『IT-イット-』。ストーリーは、幼少期の前半と成人になって再会する後半にわかれ、どちらも最恐のトラウマを植え付けられると話題になりました。そんなホラーの名作がリメイクされ、2017年に『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』という題名で日本公開。また、リメイク版の続編となる『IT/イットTHE END“それ”が見えたら、終わり。』が2019年に公開され、注目を集めました。, このランキングでは、スティーブン・キング原作の映画の投票可能です。あなたがおすすめしたい作品に投票してください!, ランキングの順位は、気軽に参加可能な3つのボタンによる投票と、自分の順位を決めて公開・投票するマイランキングの合計ポイントで決定します。マイランキングの方がポイントは高く、順位に及ぼす影響は大きくなります。, 子供4人が線路を渡る描写が印象的なスタンド・バイ・ミー。この映画は、子供時代ってなんか無性に冒険したくなったなぁという、遠い昔の記憶を呼び覚ましてくれる。それにしてもリバー・フェニックスは、ガキンチョのころからかっこいいなぁと、この映画をみるたび思う。OPのスタンドバイミーをそらで歌えるように練習したけど、途中で断念した。, 家庭に問題を抱える少年4人が、たった2日の小さな冒険に出るノスタルジックな名作。列車の轢死体を探しにでかけながら、利害関係のないピュアな友情を育む過程にグッと来ます。一生忘れられない数日を、仲間とともに過ごす子どもたち。だれにでも振り返りたい過去がある、そんなことを思わせる名作です。, 少年たちが死体捜しの旅に出る話、と聞くと、不気味な映画を想像するかもしれません。しかしまったくそんなことはなく、ロブ・ライナーが精神的に傷を負った少年たちの日常から解き放たれた切なくもみずみずしい物語に仕立てあげています。男性であれば、だれしも自分の子どものときを思い出して、胸がきゅうっとなるのではないでしょうか。, スティーブンキング原作の初映画化作品『キャリー』に続き、映像化されたサイコホラーの傑作『シャイニング』。『アイズ ワイド シャット』や『時計じかけのオレンジ』などでも知られる、スタンリー・キューブリックが監督を手掛け、細部に至るまでこだわった演出や伏線、説明のつかない恐怖を植え付ける世界観で人々を魅了しています。作中では、なんといってもジャック・ニコルソン演じる主人公の狂気さ・異常さと、恐れおののく妻・ウェンディ―の顔芸が印象的。あとは、双子の少女と左右対称な構図が印象的で、独特の世界観と終始なんともいえない不気味さに包まれています。また、続編映画『ドクタースリープ』が公開され、2019年を締めくくるにふさわしい作品となっている模様。, ホラー映画でおススメは何?ときかれたら必ずあげる映画です。スタンリーキューブリックの演出で今までにない奇妙な空気で物語は進みます。カメラワーク、効果音、最初から最後まで飽きません。ホテルで繰り広げられる怪異、小さなきっかけから始まり家族を襲うジャックニコルソンの狂気に満ちた演技はトラウマものです。なぜかまた見たくなる映画です。, 1980年の公開ですがいまだに各ホラー映画ランキングで上位に入る、スタンリー・キューブリック監督の傑作ホラー映画です。映像の美しさとともに、特筆すべきは主演をつとめたジャック・ニコルソンの演技のすごさです。しだいに狂気に取り憑かれていく父親を見事に演じきっていました。ホラー映画ファンなら、ぜひ一度は見るべき作品だと思います。, 映画の完成度は文句なしの作品。狂人と化したジャックニコルソンの名演や有名な廊下シーンも見ごたえもあってよかった。ただ、原作はかなり違い(読んではいません)、ホラー全振りの作品らしくスティーヴン・キングからしたら、この作品が評価されてもうれしくないんじゃないかな、、、, 不気味なホテル、老女、雪の迷路。ファンシー要素のあるホラー映画ながら、絶妙に現実味がある展開がすごい。ジャック・ニコルソンが壁からのぞく、たった2秒に撮影2週間かかったそうな。, 希望がテーマの本作。諦めず信じることや、理不尽な現実でも強く立ち向かうことを学びました。, 希望に満ち溢れてて優しい気持ちにさせてくれるいい映画です!何を持って何を求めて生きるか、生きるとは何か、必死に生きるか必死に死ぬか。生きていることが希望なのだと教えてくれます。最後のバスに揺られて語るモノローグはじんわりと響きます。, ある作家の狂信的なファンが、彼を拉致して動けないようにして、自分のためだけに小説を書かせる、という恐ろしい話です。確か、作家の筒井康隆が映画を観て震えあがった、となにかで書いておられました。作家の人にとっては、とりわけに恐ろしいテーマなのでしょう。主演のキャシー・ベイツは、この映画のために意図して太ったそうですが、憎々しく狂気をはらんだ女性を見事に演じています。, ホラーのイメージが根強いスティーブンキングですが、実はファンタジーやSF作品も多数発表しています。そのうち、名作と名高い作品には必ず挙がり、大衆にも高い知名度を誇るのが『グリーンマイル』。1932年、大恐慌時代の刑務所を舞台に、トムハンクス演じる看守主任・ポール目線でストーリーが進んでいきます。物語は、幼女殺人の容疑で1人の大男が収容所にくるところからはじまり、その役をマイケル・クラーク・ダンカンが演じているのですが、この時点でハマり役すぎて鳥肌。登場人物はそこまで多くないですが、演技力の高い俳優ばかりで、役の設定関係なしに何年たっても鮮明に思い出せるほどの世界観を創り出しています。ネタバレ・詳しい感想は避けますが、ただひとついえるのは''外国の収容所には必ずといっていいほどクズ看守がいる''ということ。笑, 映画館で友達と大泣きしたのを覚えています。3時間と長い大作ですが気になりません。死刑という衝撃的なシーンもありますが目を離さず見てもらいたいです。執行人の気持ちにも触れて欲しいです。裁かれざる者が裁かれるのはとても悲しかった。生まれてきた事を謝る、この言葉は深く印象に残ったセリフです。, スティーブンキングの小説原作の映画はホラーからサスペンスまで名作揃いですが、そのなかでもひときわ印象に残っているのが『IT』。幼少期になにげなく観たことを期に、どんだけポップでフレンドリーなピエロをみても「こいつ、絶対人殺すわ。」と思うようになりました。笑本作で出てくるのは、赤い風船もった不気味なサイコピエロ・ペニーワイズですが、実は6年で33人の少年の命を奪った、アメリカの犯罪史上もっとも凶悪な殺人鬼の1人をモデルにしているとのこと。怖すぎる。1990年に1作目が公開されて以来、人々に多大なトラウマを植え付けているこの作品。2017年には待望のリメイク版が、さらに2年後にはその続編が公開され、平成の終わりにもしっかりと爪痕を残しました。ちなみに1作目では、イケメン・モブ・デブ・喘息持ちガリなど、割とキャストのキャラ設定がきっちり分かれていますが(とくに幼少期)、新作ではみんな顔が整いすぎていてイケメンショタ祭となっています。, 2013年にクロエ・モレッツ主演でリメイクされていますが、ここであげるのは、1976年、ブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演の第1作のほうです。ひとことで言えば、散々に虐げられた超能力少女がラストでぶちきれて超能力を全開にして殺戮を働く、というものです。主演のシシー・スペイセクは絶世の美少女では全然なく、はかなげな非美少女であるところが共感を呼ぶと思います。, 得体のしれない生物が霧の中に住んでいて、そいつらに襲われると一巻の終わりというホラー映画。じわじわとした怖さがあった。エイリアンとかプレデターみたいに、ルックスがわかったうえで襲われるのも怖いけど、何だか知らないうちに殺されるのもすごくゾッとする。, 2019年にリメイクされていますが、ここであげるのは、1989年に公開されたメアリー・ランバート監督の第1作のほうです。死んだペットを蘇らせる墓地に、死んだ家族を埋めて蘇らせようとする父親の話です。不気味さとか怖さとかはもちろんあるのですが、それ以上に、そうまでして家族に帰ってきてほしいと願う父親の想いが切ない映画です。. スティーブン・キングの原作を利用した映画は数々あります。特にホラー・サスペンスの名著は誰かにおすすめするのに迷うほど数多くあります。作品の中には、あらすじ・ネタバレよりもその映像に映画としての価値を感じるものが多いと言われています。 『it』(イット)は、1990年のアメリカ合衆国のホラー映画。米国ではテレビミニシリーズとして2回に分けて放送された。原作は1986年に発表されたスティーヴン・キングのホラー小説『 it-イット-(英語版) 』。 2017年にリメイク。

おいでよ どうぶつの森 ニコニコ, ザビッグ パート 口コミ, ポロシャツ コーデ レディース, Aquos フリック入力 解除, プロコフィエフ ロミオとジュリエット 楽譜, 池袋 パルコ 営業再開, ウォーキングデッド 強さ 2ch, 50代 漫画 おすすめ, 成城 高級住宅街 なぜ, パナソニック 電動自転車 バッテリー 点灯しない,

おすすめ