開高健 夏の闇 あらすじ

★★★★★ 2019.02.20 2019.02.21 さかもとみき. 開高健『夏の闇』(新潮文庫、1983年)1972年の作品。開高健がいったいいつくらいまでベトナムに足しげく通っていたのかよく知らないが、1976年に一気に北ベトナムの南進が成功し、ベトナムが統一されたことを知っている頭で読むと、この時期は微妙である。 その経験は「輝ける闇」「夏の闇」などに色濃く影を落としている。1978年、「玉、砕ける」で川端康成賞、1981年、一連のルポルタージュ文学により菊池寛賞、1986年、自伝的長編「耳の物語」で日本文学大賞を受けるなど、受賞多数。『開高健全集』全22巻(新潮社刊)。 すべての画像・データについて無断使用・無断転載を禁止します。. 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); ©Copyright2020 つぶログ書店.All Rights Reserved. 開高健「夏の闇」、黒井千次「短い旅」、立原正秋「埋葬」、新潮社、昭46、1 背少シワ・僅少キレ有 新潮 1971年10月増大号 第68巻第11号 . 現在 300円. 開高健「夏の闇」、黒井千次「短い旅」、立原正秋「埋葬」、新潮社、昭46、1 背少シワ・僅少キレ有 新潮 1971年10月増大号 第68巻第11号 . 開高健:【夏の闇】<初版・函>商品説明題名 : 夏の闇著者 : 開高健出版 : 新潮社:(昭和47年3月・初版) 古書のため経年的な使用感があります。函に薄い汚れがあります。本文ページに大きなダメージありません。アップした画像を参考にして下さい。 @ttsubuanさんをフォロー !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このブログでは、ブログ「坂本、脱藩中。」のさかもとみきさんと毎月コラボしている書評を書いています。, ああ、人生という喜劇!踊るのか、踊らされるのか「燃えよ、あんず」藤谷治 | 坂本、脱藩中。, ぼくはさかもとさんにいろいろ相談をしたり、Twitterで交流をしていました。話の流れで「コラボしたいね」という流れになり、お互いに本好きということもあり書評を書きあうというスタイルになりました。, 面白いのは同じ本を読み合っていても、人によってこうも感想が違うのかという点がわかる点です。, 今回取り上げる本は開高健さんの『夏の闇』。著者自身が第二の処女作とする代表作の一つです。, これは人生相談本の中で名作とされているのをどこかで読んだからですが、この本が面白かったので小説もいつか読んでみたいなと思っていました。, 今回はさかもとさんがこの本を選んでくれたのですが、本のチョイスにも個性があらわれていて面白いなと思いました。, ぼくが選ぶ本とさかもとさんが選ぶ本、それぞれの好みというか性格の違いが出ていてすごく面白いなと思いました。, ヴェトナム戦争で信ずべき自己を見失った主人公は、ただひたすら眠り、貪欲に食い、繰返し性に溺れる嫌悪の日々をおくる……が、ある朝、女と別れ、ヴェトナムの戦場に回帰する。“徒労、倦怠、焦躁と殺戮”という暗く抜け道のない現代にあって、精神的混迷に灯を探し求め、絶望の淵にあえぐ現代人の《魂の地獄と救済》を描き、著者自らが第二の処女作とする純文学長編。, 前回ぼくが選んだ『燃えよ、あんず』はどちらかというと“アッパー”な雰囲気を持つ小説でした。, すべてがハッピーではないけれど、展開として祝祭的な性格を持ち気分が明るくなるような感じ。, 反対にこの『夏の闇』は沈むような(ある意味でベトナム戦争がテーマなので明るくはならないのだけど・・・)、でもなぜか心地いいような感じがあるんですよね。, 感じとしてはマーティン・スコセッシ監督の映画『タクシードライバー』やセルジオ・レオーネ監督の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』見たときに似ています。, ベトナム戦争を取り上げたり、テーマにした小説や映画では、明るい展開になりようがないという部分は影響しているのかもしれません。, 物語で重要な役割を果たす女性も“女”としか描かれず、名前が出てくることはありません。, これは開高健のマッチョイズムなのか、“女”が主人公に影響を与えることがなかったということなのか・・・。, そう、主人公はある地点をさかいにそれまでの怠惰な生活を一点、かつていたヴェトナムの戦場に戻ることを決めます。, ダウナーな印象を受けたものの感覚は悪くありません。あらすじには“救済”を描いたと書いてありますが、終わりの見えない戦争という状況はいまの時代と似ているのかもしれません。, 人はいつか自分自身と向き合う必要がある。それが救済になるというメッセージかも知れないと思いましたね。, エンタメじゃない文学ではこういう表現もできるんですよね。こういう視点で世界を見る経験ができるのも「読書」の楽しさですね。, 文体も含めて、これぞ文学!という感じなのでぜひ時間があるときにじっくりと読んでみてください。, 男のめんどくささと色気と、絶望と色欲をビー玉に閉じ込めたような名作「夏の闇」開高健 | 坂本、脱藩中。. ─ 『開高健のパリ』は、ユトリロの絵と開高健による作品紹介からなる一九六一年刊行の画集に、パリにまつわるエッセイを加えて新たに編集したもの。ユトリロの絶頂期とされる「白の時代」を中心に二五点の絵画が収められています。角田さんはユトリロはお好きですか? 私自身はゴッホ� ウォッチ 輝ける闇 著者:開高 健 新潮文庫 新潮社 平成16年8月10日 25刷 m0210 oi-2. 「夏の闇」(1972年)と「私の釣魚大全」(1969年)のジムス湖の場面を比較すると大きな差を感じます。 「大全」と「闇」では主題が違う事や、「大全」が佐々木の存在を消して書いてあるからかもしれませんが、むしろ「第二の処女作」とした開高の決意の差なのだろうと思います。 『裸の王様』は1957年に開高健が発表し、1958年に出版された短編小説である。第38回下半期芥川賞受賞作。 初出は「文學界」1957年12月号。 急速に組織化されつつあった戦後社会における個人の重みを … 「想像ですべて書いたならすごいが・・・」 と評していますが、開高の文章を評価しているからこその発言だと思います。 三島は開高の文学ではなく、開高の常人にはない戦争遍歴に 嫉妬しているのだと私は解釈しています。 開高健、『夏の闇 』(昭和58年)、新潮社; 開高健 - Wikipedia 夏の闇 (新潮文庫) 作者: 開高健; 出版社/メーカー: 新潮社; 発売日: 1983/05; メディア: 文庫; 購入: 5人 クリック: 26回; この商品を含むブログ (42件) を見る popoph 2014-11-01 22:13. Amazonで開高 健の花終る闇 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。開高 健作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また花終る闇 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 現在 431円. 『最後の晩餐 (光文社文庫)』(開高健) のみんなのレビュー・感想ページです(24レビュー)。作品紹介・あらすじ:「腹のことを考えない人は頭のことも考えない」s・ジョンソンの絶好の格言に導かれ繰り広げられる、古今東西、人の飽くなき欲望を思い知らせる食談の数々。 開高健『夏の闇』昭和47年初版函付録付 . 開高 健 電子全集1 漂えど沈まず―闇三部作|開高文学の最高傑作『輝ける闇』『夏の闇』『花終る闇』は総称して《漂えど沈まず》と冠されるはずであった・・・ 朝日新聞の臨時海外特派員として訪れた戦時下のベトナムで、開高健は多くの死を目にし、心に無数の傷を負う。 現在 250円. 作者・作品データ作者:開高 健 1930年12月30日 - 1989年12月9日作品:1972年あらすじ主人公の特派員記者は学生下宿は食っちゃ寝ての生活を送る… 開高健 『夏の闇』 | そして、旅。また、いつか。 新型コロナウイルスに関する情報について. 日常的な身の回りの出来事から、世界を揺るがすニュースまで、本が扱うテーマは森羅万象。四季折々の年間イベント、仕事、暮らし、遊び、生きること、死ぬこと……。さまざまなテーマに沿う本の扉をご用意しました。扉を開くと読書の興味がどこにあるのか見えてきます。, 〈とんぼの本〉は、1983年の創刊。 美術、工芸、建築、写真、文学、歴史、旅、暮らしをテーマにしたビジュアルブック・シリーズです。, 一冊の本には、他のいろいろな本とつながる接点が隠れています。100年前の物語や、世界の果ての出来事と、実は意外な関係があるのかもしれません。本から本へ、思いがけない出会いの旅にでてみませんか。どのルートを選ぶかは、あなた次第です。, ヴェトナム戦争で信ずべき自己を見失った主人公は、ただひたすら眠り、貪欲に食い、繰返し性に溺れる嫌悪の日々をおくる……が、ある朝、女と別れ、ヴェトナムの戦場に回帰する。“徒労、倦怠、焦躁と殺戮”という暗く抜け道のない現代にあって、精神的混迷に灯を探し求め、絶望の淵にあえぐ現代人の《魂の地獄と救済》を描き、著者自らが第二の処女作とする純文学長編。, (1930-1989)大阪市生れ。大阪市立大卒。1958(昭和33)年、「裸の王様」で芥川賞を受賞して以来、「日本三文オペラ」「流亡記」など、次々に話題作を発表。1960年代になってからは、しばしばヴェトナムの戦場に赴く。その経験は「輝ける闇」「夏の闇」などに色濃く影を落としている。1978年、「玉、砕ける」で川端康成賞、1981年、一連のルポルタージュ文学により菊池寛賞、1986年、自伝的長編「耳の物語」で日本文学大賞を受けるなど、受賞多数。『開高健全集』全22巻(新潮社刊)。, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. 広告を非表示にする. 寒い。とにかく連日寒く、雪がちらほら今日もしている。天気がよければ、暖かいのだが、今日は、いま曇り空である。 昨日は、休みで、晴れていたので、布団が干せた。家の庭の木枝を少し切った。そのあと、沖縄から来られた真宗の僧侶の方の話を聞く会があり、参加する。 芸能人ブログ 人気ブログ. 開高健が自身の第二の処女作とする純文学長編が『夏の闇』です。舞台は違いますが、ベトナム戦争をテーマに怠惰な生活を送る男女がいて、最終的に男はベトナム戦争の戦場に戻っていきます。「救済」をテーマに緻密な筆致で感情を描いた文学らしい作品ということができます。 ホーム ピグ アメブロ. ウォッチ 新潮現代文学54 開高健 日本三文オペラ・夏の闇/cczb. 男のめんどくささと色気と、絶望と色欲をビー玉に閉じ込めたような名作「夏の闇」開高健 ウォッチ 夏の闇 開高健 新潮文庫 . 本日終了. 開高 健『夏の闇』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約161件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 Tweet. 開高健 夏の闇 この小説の背景についてネットでいろいろと調べていたらわかった事があったのでメモ書きする。 小説「夏の闇」は開高氏の代表作であり、個人的には1番好きな作品だ。 Amazonで健, 開高の夏の闇 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。健, 開高作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また夏の闇 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 現在 150円. ¥ 1,010.

トリック スペシャル ロケ地, 宮廷の諍い女 しんけい 実在, アインシュタイン 手紙 本, 海外ドラマ 英語学習 Netflix, 白山眼鏡 鼻あて 交換, Mission Out-of-control Fallout 76, 沖縄 ホテル ランチ券, 1泊2日 韓国 放送休止, ダイエー 藤沢 営業時間, 東京都 区別 年齢, 英語 ことわざ 格言,

おすすめ