子供の好きに共感、共楽(共に楽しむ)する

Blog

最近よく思うのですが。
子供に何も期待しなければ子育てははるかに楽に楽しくなる。楽楽になると思うのです。

それって親として無関心じゃない?とか本当に全く期待しないなんてそもそも不可能じゃない?とか
自分の中でも色々ツッコミは入るんですけど、心の深いところでは期待しないでいる方が子供のありのままを認めてあげられるし、ちょっとしたことでも成長を感じて嬉しくなったり、楽しいしなによりも子供と過ごす毎日がはるかに平和で穏やかで心地よくなると感じるのです。多分、心の奥深くからの声が本来の自分の望むところなのではないかなと。

人は誰かや何かに期待をすることから苦しみが始まる。
期待せず今ある環境や人間関係に感謝することが心を平和に保つ鍵。

ヨガの八支則でも教えています。

サントーシャ (知足) 
足る事を知る。あるもので満足すること。

夫に家のことや子供のことを色々やってもらうのを期待して、してもらえない時。
子供に勉強や身の回りのことをやるのを期待して、彼らがすぐに動かない時。

その時の自分の心を観察してみると、もやもやしたりイライラしてたりがっかりしたり。
そういうネガティブな気持ちの原因は(相手の反応ではなく)

(自分の期待した事が望む形で帰ってこなかったという現実を受け入れられない自分の捉え方)なんですよね。

ということは自分の捉え方を(不満)から(まあいっか)に少しシフトできればもやもやイライラに自分の心を占拠されるのを防ぐことが出来ます。

分かっていても、実際にその状況になったときに実践するのは至難の業?!
でも練習すれば大丈夫だと信じます。

アシュタンガヨガ生みの親 パッタビジョイス先生も生徒に練習が99% 哲学は1% ひたすらに練習していれば One Day Coming!
ある日できなかった事が自然とできるようになっていると指導していたといいます。
私自身ヨガの練習の中では何度もその  One Day Coming! を体験済み。
頭ではなく体で感覚でそのことは理解しています。

だから心の扱い方も練習すればある日突然、物事を良いことも悪いこともバランス良く受けいれる、受け流せる日が来ると思うのです。

親が子供をどうしたいとかじゃなく。
子供自身が『自分はこうしたい』と言える、決められる事が大事なんじゃないかと。
いつでも選択権は自分にあるし。だからこそ、そのチョイスに責任があるんだと自覚出来るようになっていくのが成長なのではないかと思う。
自分のこれまでの人生を振り返っても、生きるって選択の連続なんですよね。
失敗も成功も、グレーゾーンもみんなひっくるめてそれを選んだ自分の責任。
そう思えるからこそ、人生を面白い!と実感出来るんじゃないかな。

息子たちは私に似ず絵心があります。
この戦車は戦争の歴史にはまっていた時の長男が描いたものです。
このままでも十分上手だなと思うけど、、、

更に背景を付け足して絵に奥行き感が生まれました。
こういうセンスって多分頭の中で作られるものではなさそう。
こういう日々の何気ない事から選択です。
何を描くのか、何を付け足すのか、どの色を選ぶのか。。何をするのか、どう感じるのか。
遊びの中から(選ぶ)ということを練習しているんですね。
成長と共にその選ぶ対象がより責任を伴う物事に発展していきますが、小さいころからこうやって自由に遊ぶ、やりたいことを見つける練習をしてこなかったら大きくなっても自分で何をすればいいのか、何を選べばいいのか分からない人になってしまう。
親がなんでもかんでも与えて指示して言うことを聞かせていては、その(選ぶ)練習が出来なくなるんですよね。

子供時代はやりたい遊びをめいっぱい心行くまでやりつくすのが大事なんじゃないかな。
親はそうさせてあげられるような心の余裕と、いつでも子供が逃げ込める心の安全基地を作っておくことが必要。

求めてばかりでは、子供に共感したり共に楽しんだりすることは難しい。
いったんその(求める気持ち)を手放せたなら、子供と同じ時間軸で子供の興味のあることを一緒にワクワクしながら楽しめる。
子供と同じ気持ちで喜んだり、笑ったり、悲しんだり、時には怒ったり?!もすることが出来る。

子供や夫に共感したり共に楽しむことが出来るようになれば、ぶつかるコミュニケーションから繋がるコミュニケーションへ進化するのでは。
良いエネルギーを家の中で循環できるようになれば、日々のもやもやもイライラも気にならなくなるはず。

さあ!今から自分の心を扱う練習を!!
いつでもできる。いつからでもできる。どこでもできる。

練習あるのみ。

こちらのミスター ビンさんは次男画伯 7歳。
最近絵を描かなくなったなと思っていたけど、描いたらものすごく上達しているではないか!
次男は描きたい人やキャラクターの写真を検索して模写するのが好きなよう。
模写だけど、彼のオリジナルスパイスが入って中々絵心があると思いませんか?!
この絵を見たときすっごくテンション上がりました☆親ばかだけど、それでいい。

テンションマックスでこの絵の感想を次男に伝えたら、ちょっとうざがられました。
まあ、それでもいい!!

タイトルとURLをコピーしました